メニュー


双葉が食べられた

種をまいて大事に育てているヒマワリからようやく双葉がでてきました。 今後の成長が楽しみです、と思っていたら、次の日になると双葉の姿が見当たりません。 だれも抜いてはいないし、一体どうしたのでしょうか。

よく観察すると、茎だけのこされていて、葉だけが食べられている様子です。 犯人は一体だれなのでしょうか。

もしやダンゴムシ? なぜならば、双葉のまわりをたくさん歩いているからです。 なにか対策を考えなければなりません。

ついに犯人がわかりました。 犯行現場をおさえたのです。 犯人は・・・

双葉を食べる犯人

小さなナメクジでした。

双葉の上にかぶさって動かないので葉をかじっているのではないかと思います。

食べているところ気のどくですが、そっとのけました。


書いた日:2010 年 7 月 3 日雨 | カテゴリー: 植物

関連する日記

蝶の幼虫

観音竹

ヒマワリが咲いた


1件のコメント»

  1. 開いた筒状の花の根元に 甘い蜂蜜が溜まっています。
    根元を切って ちゅうちゅう すってみてください おいしいです。

    ヒコ』 さんからのコメント— 2014 年 12 月 21 日 @ 4:37 PM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment




上へ