メニュー


長崎の池でワニ見つかる

長崎県諌早市の国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防内側の調整池で、ワニと思われる生物3匹の姿が確認されたそうです。

長崎県は、飼育されていたものが逃げ出したか、意図的に放した可能性があるとみているそうです。

諫早のワニ、実はスッポンかも

上記ワニと思われていた生物はスッポンではないかという情報もあるそうです。 さて正体はどちらなのでしょうか?

2010/08/12付日経新聞より

新聞に載っていた写真をみるかぎり、スッポンではないように個人的には思えます。 スッポンの目はあんなにポッコリ突出していないと思うのですが・・・。


書いた日:2010 年 7 月 24 日晴のち曇 | カテゴリー: ニュース

関連する日記

ヒ素食べて増殖する細菌

クモの糸でバイオリンの弦を作る

猛毒のヒョウモンダコ九州北部で発見


コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment




上へ