海で遊ぼう

海の中を散策するといつもとはまるで別世界なことに驚きと感動をおぼえます。 天候や潮の干満に気を配ると、最高の海中散策ができます。

スノーケリング

スノーケリングとは水面に浮いた状態で海の中を観察することです。 マスクをつけることにより海中をくっきりと観察でき、さらにスノーケルを用いることで、顔を海中につけたまま呼吸をすることができます。 さらにフィンを足に装着すれば、すばやく移動することができます。

※スノーケリングをスキンダイビングともいいます。

マスクが曇ったとき

マスクの内と外に温度差があると、くもることがあります。

これを解消するには、マスクの中に水を入れて洗えばよいのです。 水を出すには、マスクの上側をおさえてから鼻から息を吐き出せば、水はマスクの外へ出て行きます。 これをマスククリアといいます。

スノーケルの中に水が入ったとき

いつもよりも大きく息を吐き出して水をはじきとばせばよいです。 これをスノーケルクリアーといいます。

耳が痛くなった場合

耳にぬきを行います。 鼻をつまんで、鼻に息をおくると鼓膜内に空気が流れ、元の状態に戻すことができます(耳が痛くなる前に行ったほうがよいです)。

フィン利用法

フィンを使ったあと、立とうとしてもうまく立てません。 そんなときは、一度仰向けになり、お尻を沈めるようにして立てばよいです。 海に入る際は、カニのように横歩きで入水するとバランスを崩しにくいです。 フィン装着時に、足がつった場合は、フィンを自分のほうに引っ張ると治せます。

シマシマの魚

スノーケリングで見つけた小さいシマシマの魚です。 すぐに岩かげに隠れてしまいます。

メモ

  • 海の流れには潮流海流のふたつがあります。 潮流は潮の満ち引きによって起こる流れで、海流は地球上にある大きな海の流れで、暖流寒流に分けられます。
  • 海水の温度は、気温よりも1~2ヶ月遅れているといわれます。
  • 参考サイト:AQA

2010-06-07


もくじ


コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


上へ