いろはがるた

/ 江戸系かるた 京系かるた 大阪系かるた
犬も歩けば棒にあたる 一寸先は闇 / 石の上にも三年 一を聞いて十を知る
論より証拠 論語読みの論語知らず 六十の三つ子
花より団子 針の穴から天のぞく 花より団子
憎まれっ子世にはばかる 二階から目薬 憎まれっ子神直し
骨折り損のくたびれもうけ 仏の顔も三度 惚れたが因果
屁をひって尻すぼめ 下手の長談義 下手の長談義
年寄りの冷や水 豆腐にかすがい 遠い一家より近い隣
ちりもつもれば山となる 地獄の沙汰も金次第 地獄の沙汰も金次第
律義者の子だくさん 綸言汗のごとし 綸言汗のごとし
盗人の昼寝 / 濡れ手に粟 ヌカにクギ 盗人の昼寝
瑠璃も玻璃も照らせば光る 類をもって集まる 類をもって集まる
老いては子に従え / 鬼に金棒 鬼も十八 鬼の女房に鬼神
割れ鍋にとじ蓋 笑う門には福来たる 若いときは二度ない
かったいの瘡うらみ / 蛙のつらに水 蛙のつらに水 陰裏の豆もはじけ時
葭のずいから天井のぞく 夜目遠目傘のうち よこ槌で庭を掃く
旅は道連れ世は情け 立て板に水 大食上戸の餅食らい
良薬は口に苦し 連木で腹を切る 連木で腹を切る
総領の甚六 袖すり合うも他生の縁 袖すり合うも他生の縁
月夜に釜をぬく / 月とすっぽん 月夜に釜をぬく 爪に火をともす
念には念を入れ 猫に小判 寝耳に水
泣き面に蜂 済す時の閻魔顔 習わぬ経は読めぬ
楽あれば苦あり 来年の事をいえば鬼が笑う 楽して楽知らず
無理が通れば道理がひっこむ 馬の耳に念仏 無芸大食
嘘から出たまこと 氏より育ち 牛を馬にする
芋の煮えたもご存じない いわしの頭も信心から 炒り豆に花が咲く
のど元すぎれば熱さを忘れる 鑿と言えば小槌 野良の節句働き
鬼に金棒 / 老いては子に従え 負うた子に教えられて浅瀬を渡る 陰陽師身上知らず
臭い物にはふたをする 臭い物には蠅がたかる / 腐っても鯛 果報は寝て待て
安物買いの銭失い 闇夜に鉄砲 闇夜に鉄砲
負けるが勝ち まかぬ種は生えぬ 待てば海路の日和あり
芸は身を助ける 下駄に焼き味噌 下戸の建てた蔵はない
文はやりたし書く手は持たず 武士は喰わねど高楊枝 武士は喰わねど高楊枝
子は三界の首っかせ これに懲りよ道斎坊 / ころばぬ先の杖 志は松の葉
得手に帆をあげ 縁の下の力持ち / 栄耀に餅の皮をむく 閻魔の色事
亭主の好きな赤烏帽子 寺から里へ / 天からふんどし 天道人を殺さず
頭隠して尻かくさず 足元から鳥が立つ 阿呆につける薬はない
三遍廻って煙草にしよ / 猿も木から落ちる 竿の先に鈴 さわらぬ神にたたりなし
聞いて極楽見て地獄 義理とふんどしかかねばならぬ 義理とふんどしかかねばならぬ
油断大敵 幽霊の浜風 油断大敵
目の上のたんこぶ 目くらの垣そのぎ 目の上のたんこぶ
身から出た錆 身は身でとおる裸ん坊 身うちが古み
知らぬが仏 しわん坊の柿の種 尻くらえの観音
縁は異なもの味なもの 縁と月日(は末を待て) / 縁の下の舞 縁の下の力持ち
貧乏ひまなし / 人は一代名は末代 ヒョウタンから駒 貧相の重ね食い
門前の小僧習わぬ経を読む 餅は餅屋 桃栗三年柿八年
背に腹はかえられぬ 聖は道によりて賢し / せんちでまんじゅう 背戸が馬も相口
粋は身を食う 雀百まで踊忘れず 墨に染まれば黒くなる
京の夢、大阪の夢 京に田舎あり

ひらがなのもとになった字

安 → あ 以 → い 宇 → う 衣 → え 於 → お
加 → か 幾 → き 久 → く 計 → け 己 → こ
左 → さ 之 → し 寸 → す 世 → せ 曽 → そ
太 → た 知 → ち 川 → つ 天 → て 止 → と
奈 → な 仁 → に 奴 → ぬ 祢 → ね 乃 → の
波 → は 比 → ひ 不 → ふ 部 → へ 保 → ほ
末 → ま 美 → み 武 → む 女 → め 毛 → も
也 → や 由 → ゆ 与 → よ
良 → ら 利 → り 留 → る 礼 → れ 呂 → ろ
和 → わ 為 → ゐ 恵 → ゑ 遠 → を
无 → ん

外山 滋比古『日本語のかたち』より

2013-06-21


もくじ


コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


上へ