ウッドコンテナを作ろう

ホームセンターでよく見かける2×4(ツーバーフォー)材を使って、ウッドコンテナを作ります。 自分で作ったコンテナで草花を育てると、いっそう愛着がわきます。

2×4材

今回使用している2X4材のサイズは、厚さ38ミリ、幅89ミリ、長さ1820ミリのものです。 ホームセンターで一本300円弱で入手できると思います。

2x4

ウッドコンテナ設計図

ウッドコンテナ設計図

組み立てる

まずは足を2組組み立てます。番号でいうと⑤と⑥です。

1

足に、横板を取り付けていきます。①~④です。

2

コーススレッドの頭をかくすために、ダボ穴を開けておきます。

DSC_0016

コーススレッドでとめた後、ダボ穴と同じ径の棒を差し込み、木工用ボンドでとめて、切ります。

DSC_0170

このようになりました。 ヤスリがけしておくときれいです。

DSC_0171

横板をとめた後は底板をはり、

DSC_0438

上から網をかけます。

DSC_0439

土を入れて、植物を植えるとウッドコンテナのできあがりです。

DSC_0445

コンテナの表面に、オイルステインを塗るとちがった表情になります。

DSC_0449

何年も使っていると、ダボ木が飛び出してきたり、

DSC_0444

植物の成長により根がはりめぐらされ、底が抜けてきたりしますので、そうなったら作り直します。

DSC_0443

コンテナを作るにつれて、コツがわかってきて、よりいっそう上手に作れるようになってゆくでしょう。

2012-03-02


もくじ


コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


上へ