ソーラークッカーを作ろう

ソーラークッカー部品図

火を使わずに料理ができるソーラークッカーの作り方です。 太陽の光を一点に集めます。

ソーラークッカーの材料

図のようにパネルを用意します。 パネルの素材は何でも結構です。 今回はダンボールを用いています。

切り分けたら、パネルにアルミホイルを巻きつけます。 内側になる面は、アルミホイルがなるべく平らになるよう貼り付けます(今回は2分の1の縮尺で作りました)。

組み立てる

①のパネルは破線部分から軽く折り曲げます。 ①のパネルの隣に②のパネルをつなぎ、そのとなりにまた①をつなぎ、②をつなぎ・・・というように組み立ててゆき、パラボラアンテナのような形に組み上げます。

③のパネルは4枚をつなぎ合わせて枡形に組み上げ、①のパネルの破線部分に合わせて取り付けます。

④のパネルは底面を真っ黒く塗りつぶします。 破線で折り曲げて止め、箱型にします。 できあがった箱に、ソーラークッカー本体を収めます。 段ボールを素材にした場合、厚みがあるのでその厚み分寸法を大きくしなければクッカーが収まりません。

組み立てる際にはセロハンテープを用いています。

ソーラークッカー完成

目玉焼きを作る

よく晴れた日に、ソーラークッカーを野外に持ち出します。 クッカーの内部が一番明るく見える場所へクッカーを移動させます。

黒い器に生卵を割り落とし、クッカーの中に入れます。

クッカーの上からラップをかけて、熱が逃げないようにします。 さて、何分で目玉焼きが焼きあがるのでしょうか。

solercookeryaki

※番号はパネルの番号です。

15分経過

solercookeryaki15

卵を入れてから15分が経過しました。 白身がうっすら白くなっている様子が確認できます。

30分経過

solercookeryaki30

大分白身に火が通りましたが、黄身はまだ生っぽいです。

45分経過

solercookeryakiarm

ラップの内側に水滴がつきはじめました。 よく観察すると、まだ白身に生の部分がありますので、もうしばらくそのままにしておきます。

60分経過

solar_cooker

ついに、目玉焼きが完成しました。 白身にはよく火が通っていますが、黄身は半熟程度でちょうどよい頃合です。 器は手でつかめないほど熱くなっています。 ソーラークッカーで目玉焼きを作る実験は、大成功です!

※必ず大人の人と一緒に実験をしましょう。 目玉焼きのできあがる時間は気候によっても違います。

2011-08-30


もくじ


コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


上へ