木の描き方

息子の国語の教科書を読んでいたら、木の描き方の話がありました。 つい自分でも書いてみたくなりました。

木を描く

ブルーノ・ムナーリさんは、いつも木を見ていて、面白い描き方を思いつきました。

線を一本描く

1、地面から伸びる一本の太い幹を描きます。

二手にわかれる

2、幹の一番先から、二本に分かれた枝を描きます。 二本の枝は同じ長さで、それぞれ幹の半分の太さにします。

また二手に分ける

3、二本の枝の先から、また二本に分かれた枝を描きます。 新しい枝は、前の枝よりも少し短くします。

また二手にわける

4、同じようにして、2本ずつだんだん分かれていきます。 その度に細く短くしていきます。

以上が、木が育っていくときの決まりだそうです。

木の種類で枝の伸び方は様々

幹がとても長い木

幹がとても長くて、枝が短い木があります。

はじめの2本の枝が長い木

幹は短くて、はじめの二本の枝が長くて、他の枝は全部短い木もあります。

二本の枝の長さが同じではない木

2本の枝の長さが同じではない木もあります。

枝が下をむいている木

枝が下を向いて伸びる木もあります。

クニャクニャしている木

幹や枝がまっすぐな木もあるし、クニャクニャな木もあります。

枝が二本以上に分かれる木

枝の分かれ方が、2本だけではなく、3本、4本、もっと多くの枝に分かれる木もあります。

あちこちから枝がでる木

幹の先からではなく、途中から枝が横に出ている木もあります。

冬の枯れた木ならば枝を描くだけでもよいですが、色をつけることで、春、夏、秋の木にすることもできます。

一本一本の木をよく観察すると、他の沢山の木と同じとこと、違うところが見えてきます。 外に出て、実物の木を観察してから描いてみると、上手に描けるかなと思いました。

木の根

独特な形をした木の根が好きです。 命の強さを感じます。

こんもりした木の根 広がる木の根

2011-02-25


もくじ


2 Comments»

  1. 今木を描いています。

    あさ』 さんからのコメント— 2011 年 8 月 22 日 @ 9:39 AM

  2. ありがと、マンガ家めざしてるので参考になりました

    ヒラタロー』 さんからのコメント— 2012 年 8 月 9 日 @ 7:59 PM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


上へ