インフルエンザをやっつけよう

子供が学校からもらってきたプリントを参考に、各種伝染病について記します。 病院で下記の診断が出たら、出席停止になり、欠席にはなりません

病名主要症状感染経路潜伏期間感染期間出席停止期間

インフルエンザ

高熱、関節炎、鼻、ノド、気管支の炎症気道、接触、飛沫1~3日発病後3~5日発症後5日を経過し、かつ熱が下がってから2日を経過するまで

はしか

発熱、目やに、鼻水、発疹気道、接触、飛沫9~12日発疹の出る前5日~出た後3,4日熱が下がって三日経過するまで

風疹

発熱、発疹、リンパ節のはれ気道、飛沫2~3週発疹の出る前7日~出た後7日発疹が消えるまで

水ぼうそう

発熱、発疹→水疱、かさぶた気道、飛沫、接触2~3週発疹の出る前1日~すべての発疹がかさぶたになるまですべての発疹がかさぶたになるまで

流行性耳下腺炎

発熱、耳の前下部の腫れと痛み飛沫2~3週耳下腺の腫れる前7日~腫れた後9日間耳下腺の腫れが出現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで

感染性胃腸炎

嘔吐と下痢経口、飛沫1~3日主な症状がおさまるまで

溶連菌感染症

発熱、のどの痛み(扁桃腺の肥大、いちごした、発疹)経口、飛沫2~7日主な症状がおさまるまで

マイコプラズマ感染症

せき、X線写真で独特の影がでる肺炎を有す飛沫2~3週主な症状がおさまり2日を経過するまで

咽頭結膜熱(プール熱)

発熱、のどの痛み、目やに、結膜の充血飛沫5~7日発病してから2~4週間主な症状がおさまり2日を経過するまで

流行性角結膜炎

目の異物感、充血、まぶたの腫れ、目やに接触8~14日医師に感染の恐れがないと認められるまで

急性出血性結膜炎

目の激しい痛み、結膜が赤くなる、異物感、涙接触1~2日発病してから5~7日医師に感染の恐れがないと認められるまで

手足口病

軽い発熱、小さい水疱が口中や手足にできる飛沫、経口、接触3~5日のどから1~2週間、便から3~4週間医師に感染の恐れがないと認められるまで 全身症状の安定した者については登校可能

百日咳

コンコンという短く激しいせきが続く飛沫、気道1~2週1~4週特有のせきがでなくなるまで。 または、治療が終わるまで

冬の乾燥、寒さにインフルエンザは忍び寄る

冬になるとインフルエンザが流行します。 人間の体内にはインフルエンザウイルスから体を守ってくれるしくみがあります。 それが線毛と粘膜です。 手洗い、うがい、換気を心がけましょう。

2013-05-10


もくじ


コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


上へ