日食観測をしよう

2009年7月22日(水)、長崎市で日食観測をした記録をまとめておきます。 まずは日食とは何かを説明します。

日食とは

地球と太陽の間に月がはいって地球の上に影を落とすと、その場所は太陽の光がさえぎられます。 これが日食です。

日食と月食

太陽の全部が隠されるときを皆既日食、太陽が月の周囲に環状にはみ出して見えるときを金環日食、一部が隠されるときを部分日食といいます。

皆既日食ほか

  • 皆既日食:太陽と月がピタリと重なり、太陽を月が完全に隠します。
  • 金環日食:太陽が月よりも大きく見えるとき、太陽がはみだして金環日食になります。
  • 部分日食:太陽の一部を隠す場合は部分日食です。
  • 皆既月食:地球のかげに、月が完全に入ってしまうと皆既月食です。 月が赤く見えます。

※月が星を隠す現象を星食といいます。

日食観測記録

日食を観測しながら太陽の欠ける様子のメモを取りました。 観測には日食グラスを使用しました。

日食グラス

部分日食:0939

9:39

日食がはじまった様子を確認できました。 長崎では9:36から日食が観測できるという話でした。

部分日食:1026

10:26

曇り空で観測しにくかったのですが、雲の間から時折のぞく太陽は次第に欠けていきました。

部分日食:1042

10:42

みるみる欠けていく太陽に、一緒に観察した子供たちから「月みたい!」と歓声がおこります。

部分日食:1049

10:49

かなり太陽が欠けて、あたりは薄暗くなりました。 少し肌寒くなってきたようです。 気温は26.1度でした。

部分日食:1053

10:53

太陽が一番細く見えた時間でした。

部分日食:1104

11:04

次第に太陽に厚みがでてきました。

部分日食:1111

11:11

ここで雲が厚くなり、太陽が見えにくくなったので観測を終了しました。

大変貴重な体験でした。

日食グラスを使わずに観測する場合

ピンホールや木もれ日を見ると安全に観測できます。 今回ピンホールを試してみましたが、くもりだったせいか、うまくいきませんでした。 詳しくは日食を観察する方法:国立天文台をごらんください。

日食観測でやってはいけないこと

  • 肉眼で直接太陽を見ること。
  • すすをつけたガラス、サングラス、下敷き、CDを使って観測すること。
  • 望遠鏡や双眼鏡を使って見ること。
  • など

備考

観測する際は時計、温度計、照度計、かとりせんこうがあると便利だと思います。

参考リンク

2009-07-23


もくじ


1件のコメント»

  1. […] 2010年12月21日、全国各地で皆既月食が見られました。 […]

    ピンバック 皆既月食 - 自然たちよ』 さんからのコメント— 2010 年 12 月 22 日 @ 11:25 AM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


上へ