大恐竜王国展

kkg

私たちの住む長崎市では、現在大恐竜王国展が開催されています。(終了しました) 場所は長崎市科学館。 普段はプラネタリウムが見れたりするところです。

恐竜大好き親子としては、恐竜展、しかも「大」がつくほどの恐竜展となると、じっとはいられません。 早速見学に行きました。 以下では、展示されている恐竜や、化石の紹介をしていきます。


開催期間

  • 平成18年7月15日(土)~9月3日(日)

開館時間

  • 9:30-17:00(入館は16:30まで)

入場料

  • 大人[高校生以上]前売900円(当日1,100円)
    子ども[3歳以上~中学生] 前売600円(当日700円)

公式サイト

巨大なティラノサウルス

thirano
kr_kb

大恐竜王国展では、骨格標本や生きている古代生物のほか、動く恐竜ロボット、さわることのできる「化石」などを複合的に展示されています。 見るだけでなく体感できるわけです。

ということで早速入館します。 するといきなり巨大なティラノサウルスの顔が出迎えてくれます。 しかもこのティラノサウルスの顔は、動くのです! 動き方も非常にリアルで、口をパクパクさせるのはもちろんのこと、首や眼球までも動きます。 さらに、ほえます。 息子は若干驚きながらも大喜びです。


ティラノサウルスとは

白亜紀後期に生存していた、最大級の肉食恐竜。 映画「ジュラシックパーク」等でもおなじみですね。 恐竜といえば、まずはティラノサウルスがいないと始まりません。

ストロマトライト

kr_st

大恐竜展は、科学館内の1階と2階に分けられて展示されてあります。 まずは1階を散策してみます。

まずは化石コーナーがありまして、生物の進化の歴史をたどるように随時展示されています。 さて、ひとつずつ観察していきましょう。

ストロマトライト

ラン藻類(シアノバクテリア)の死骸や泥などによって作られた層状の構造をもつ岩石のことです。 ラン藻類と堆積物が何度も堆積を繰り返して形成されていき、断面は層状で、大変美しいものです。 さらにストロマトライトの断面にある縞模様から、当時の一日の長さが推測できるそうです。

スキフォクリヌス

ky_sk

これは一体どのような生物の化石なのでしょうか。

ちなみにこの大恐竜展に展示されている化石は全てが本物というわけではありません。 レプリカも含まれています。

恐竜の足跡

kr_aa

恐竜の足跡が残る化石です。 まさにロマンを感じます。 パトラコプスの足跡、アンキサプリウスの足跡、フィトサウルスの歯、エントモノチス。

クリオネみたいなユーリィプテルス・レミベス

kr_ks

続々と化石が展示されている中、妙に気に入ってしまったのが、矢印のユーリィプテルス・レミベス。 クリオネみたいな愛嬌のある姿をしています。 生きているときの姿を見てみたいものです。 少し拡大↓

kr_yr

タクティリオセウス・アトレティウム

kr_mm

小さいアンモナイトのようなものが沢山密集した化石です。

アステロセラス・オプトゥスム

kr_kk

まさにアンモナイトといった外見です。 「アステロセラス・オプトゥスム」下がもつれそうな名前をしています。

ホモエオレピス

kr_homo

魚の化石です。 なんだかヒラメに似ているような気がしますが、ヒラメの祖先なのでしょうか。

イグアノドンの足跡

kr_ig

ようやく聞き覚えのある名前がでてきました。 足跡、よくぞ残ってくれました。 さらにイグアノドンの椎骨も展示されてありました。

kr_igsh

アロサウルスの爪

kr_tume

ジュラ紀に生きたアロサウルスの爪です。 アメリカユタ州で産出されました。

恐竜の骨

kr_sw1

さわることができる化石も数種類展示されていました。 まずは恐竜の骨。 ペチペチナデナデ触ります。

アンモナイト

kr_am

大きなアンモナイトの化石です。 バスケットボールほどの大きさでした。

木の化石

kr_ki

木も化石になるものなんですね。

三葉虫

kr_sy

これは三葉虫の仲間でしょうか。 

三葉虫

節足動物の仲間で、カンブリア紀に現れ、世界中の海に住んでいました。 オルドビス紀まで繁栄しましたが、ベルム紀の終わりに絶滅しました。

アパトサウルス

ky_kn2

化石コーナーをぬけると、デボン紀に出現し、今でもアフリカやオーストラリア、南米の淡水にすんでいる肺魚類が展示されています。「生きた化石」と呼ばれています。 名前の示すとおり、エラだけでなく、「肺」でも呼吸することができるそうです。

その肺魚が泳いでいる水槽を振り返ると、巨大なアパトサウルスがお出迎えです。 デカい! 長い首をうねらせながら、叫び声をあげています。 会場にいる子供達は、うれしさ半分、恐ろしさ半分の複雑な表情をしていました。

アパトサウルス

ジュラ紀後期に生息していた植物食恐竜で、群れを成して行動していたと考えられています。

kr_kn

ヴェロキラプトル

kr_g

アパトサウルスの横には、ヴェロキラプトルがいます。 見るからに凶暴そうな顔つきで、目の前で観察していると、突然ギャーっと雄たけびをあげます。 びっくりして泣き出した子供もいました。

kr_gy

すぐ横には、ヴェロキラプトルの骨格標本も展示されています。

ky_gyh

ヴェロキラプトル

小型の肉食恐竜で、足にはするどい爪があります。 アゴの構造から、かなり大きく口を開くことができたと考えられています。

大恐竜展の紹介おわり

ky_ti

以上大恐竜展の紹介でした。 実は今回掲載したのは1階の展示コーナーのみで、まだまだ2階が残っています。 2回には、動くトリケラトプスやティラノサウルス、骨格標本、化石発掘体験、グッズ販売コーナーなどまだまだ随所に見所があります。

ちなみに科学館は、毎週土曜日に夜空の星を、なんと世界に3台しかないというZEISS社の巨大望遠鏡で見ることができるという企画をやっているそうです。(悪天候の際は中止)

お近くの方は是非、足を運んでみられることをオススメ致します。  さて。 館内で、「大恐竜王国展クイズラリー」というチラシをもらいました。 そのクイズの質問を記しておきます。 (答えは恐竜展のラリーゴールにあります)


  1. ストロマトライトを作ったといわれるバクテリアの名前は?
  2. アンモナイトやオウムガイの殻の中はどうなっているでしょう?
  3. 肺魚はどのようにして呼吸をするのでしょうか?
  4. 恐竜時代と呼ばれるのは、「ジュラ紀」「三畳紀」あとひとつは?
  5. ヴェロキラプトルには、他の恐竜には無い特徴がありましたがなんでしょうか?
  6. 恐竜のフンの化石から何がわかるでしょうか?
  7. 恐竜の胃石は、植物恐竜の胃の中にありました。 何のために石をのみこんだのでしょうか?
ky_s

2008-09-05


もくじ


コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


上へ