いしだけ動植物園

佐世保市亜熱帯動植物園

長崎県佐世保市にある佐世保市亜熱帯動植物園(愛称:いしだけ動植物園)に行ってきました。

展示動物63種、植物1200種の動植物園です。

  • 開園時間:午前9時~午後5時15分
  • 入園料:大人400円、子供100円
  • 駐車場175台
  • 詳しくは公式サイトをごらんください。
噴水

入園すると噴水があります。

フライングゲージ

ここでは様々な鳥たちが飼育されています。

鳥たち

ペリカンや、

ペリカン

クジャクの姿もみえます。

クジャク

飼育されている鳥のリストは下記の通りです。

  • アフリカヘラサギ
  • シュバシコウ
  • インドクジャク
  • コクチョウ
  • コブハクチョウ
  • シロクジャク
  • カナダガン
  • モモイロペリカン
  • オシドリ
  • 対馬地鶏
  • コサギ
  • アフリカクロトキ
  • ホロホロチョウ
  • ショウジョウトキ
  • カササギ
  • ホオジロカンムリツル

アジアゾウ

アジアゾウ

アジアゾウが体をゆらしながらゆうゆうと歩いています。 人が近寄ったら逃げるように部屋の中へと消えていくのですが、どうやら飼育員さんには警戒心がないらしく、寄り合って、まるで会話をしているかのような親密さで接していました。

アジアゾウ

部屋へ入ったあとも出てこないかなと観察していたら、水を飲みに現れました。

マントヒヒ

マントヒヒの集団

とても寒い日でした。 マントヒヒたちは、白く大きなオスの元に集まって、寒さをしのいでいるようでした。

マントヒヒ

近くでエサが売られていたので購入し、与えてみると、小さなマントヒヒたちは走り寄ってきて、手にでつかんで口にほうばり、また白いオスのところへ帰ります。

棒に立つマントヒヒ

しばらくすると、エサをもっと欲しいといわんばかりにポールによじ登りだしました。

エサを受け取るマントヒヒ

エサを投げると、上手に受け取ります。

ライオン

ライオン

寒いせいか、ライオンはうずくまっていて歩こうとしませんでした。

クロハゲワシ

クロハゲワシ

じっつと遠くを見つめていて、こちらに振り返る様子はありませんでした。

モグラの部屋

モグラの部屋

天井にモグラの通路(パイプ)が張り巡らされていて、その中をモグラが走り回っています。

モグラがいる

なかなか本人の姿をまじまじと見ることはできないのですが、剥製が展示されてあります。

コウベモグラ

温室

花

温室ではカラフルな花々や、ハス、

ばなな

バナナ、カメ等が育てられています。 寒いところから暖かい部屋に入ったので、カメラのレンズは曇ってしまいました。

ラクダ

ラクダ

ラクダが口をモニャムニャしていました。

アライグマ

アライグマ

元気に歩き回っていました。 時折立ち上がることもありました。

テナガザル

テナガザル

人間では考えられないような動きで悠々と鉄棒を渡ります。

ニホンザル

ニホンザル

はやり寒いからでしょうか、マントヒヒと同じように、寄り添いうずくまっていました。 でもたしか北国出身だったような・・・。

ペンギン

ペンギン

泳ぐペンギンを水槽の断面から観察することができます。 娘の手を突つこうとしているようでした。

キリン

キリン

近寄ると、想像以上に背が高いことがわかります。 見下ろされていると、優しい顔をしているにもかかわらず、なんだか圧倒されてしまいます。

ツキノワグマ

ツキノワグマ

2頭でとても元気にじゃれあっていました。 サクのすぐ近くまで接近してきて、手を伸ばせば届きそうな距離から観察すると、目を合わせることがためらわれます。

以上佐世保市亜熱帯動植物園を満喫してきました。

2011-03-07


もくじ


コメントはまだありません»

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment


上へ